一倉定(いちくらさだむ)さんは、本家ランチェスター経営、

伝説の中小企業コンサルタントです。





一倉定の経営心得

一倉定の経営心得一倉定の経営心得
一倉 定
日本経営合理化協会出版局 刊
発売日 1999-06
価格:¥3,465(税込)




30歳のただのサラリーマンですが…役立ちます! 2004-12-13
今部下を持っているわけでも、経営を目指しているわけでもありません。でも、この本は役立ちます。
「7つの習慣」などにも通じる点ですが、『自分を、自分という会社の、社長だと考える』
つまり自分プロデュースの本として使えます。自分自身を、「部下・組織」だと考えながら読むと、
違った観点から自己管理を考え直すことができます。『電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である。』P58
『社長は…(中略)…年単位で何年も先のことを考えるのである。』P44経理に関することは、自己資産の見直しにつながりますし、
販売に関することは、自分を売り込むことの重要性について見直されます。ちなみにこの本との出会いは、
うちの社長がトイレに置き忘れていたこと。
パラパラっと盗み読みした後、
すぐにアマゾンで注文しちゃいました。


■続きを見る


【一倉定の経歴】
1918年生まれ。

事業経営の成否は、社長次第で決まるという信念から、社長だけを対象に情熱的に指導した異色の経営コンサルタント。

徹底して現場実践主義とお客様第一主義を標榜。1999年永眠。

あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら